構造・仕様・安心

ホーム > 構造・仕様・安心

構造・仕様・安心

調 査

全棟地盤調査

全棟を対象に、計画建物に合わせた地盤調査を行い、地盤の強度や問題点などを厳しくチェックします。

地盤補強工事

地盤調査の結果を綿密に分析。必要に応じて補強工事を行い、住まいの基礎をしっかりと固めます。

構 造

ベタ基礎工法

住まいを支える土台となる基礎部には、立ち上りだけでなく、底盤部分にも鉄筋を配したベタ基礎工法を採用。
建物の重さを"面"全体で支えることにより、比類ない安定性、耐震性を確保します。


防湿シート

基礎底盤の下に防湿シートを敷き込むことにより、地面からの湿気を遮断。建物の劣化や湿気から、大切な住まいを守ります。

配 筋

詳細な計算に基づいた配筋を実施。また、社内スタッフによる配筋検査に加え、第3者機関JIO日本住宅保証検査機構の検査員による配筋検査も全棟に実施し、品質の確保に努めています。

構造用エンジニアリングウッド

主要な構造材料は高強度・高精度で乾燥・収縮による歪みの少ないエンジニアリングウッド(レッドウッド)、および米松KD材。特に耐久性が求められる土台には、耐腐朽性に優れた桧KD材を採用しています。

金 物

耐食性に優れたステンレス製のエーステンプレート、コーナープレート、ハイパーコーナーや施工性の良いウェルトII羽子板ボルトやビス止めホールダウンU金物など、高強度なジョイント金物で柱や梁をがっちり固定し、耐震性を高め歪みをおさえます。

省エネルギーと快適性

ペアサッシ

開口部には、断熱性能に優れたペアガラスサッシを標準仕様。さらに、複層ガラスで厚みをとることで、断熱効果、遮音効果が高まるだけでなく、結露対策にも優れた効果を発揮します。

断熱材

断熱材外壁には75mm厚のグラスウール、床下は30mmの押出法ポリスチレンフォーム、天井には100mmのグラスウールを使用。


外壁通気工法(オプション)

外壁側に透湿防水シートを使用。さらにその外側に通気層を設けることにより、壁体内結露と構造材の腐朽を防ぎます。

安 心

シックハウス対策

構造材、下地合板、床材、クロス、建具、接着剤等、目につかない部分にもホルムアルデヒド等の有害物質の放散量が極めて少ないF☆☆☆☆品を採用し、シックハウス対策に万全を期しています。

バリアフリー対応

玄関ドアの段差は極力低くし、居室・浴室等は床との段差を解消。

環 境

環境への配慮

環境も一つのクオリティと考え、そこに住む方の未来のために環境へ配慮した家づくりを考え、これからも、人と環境にやさしい家づくりに努力してまいります。

保 険

まもりすまい
第3者機関の建築士の有資格者による厳正な検査に合格した住宅だけにかけることができる瑕疵担保責任保険に加入。

お客様とビルダーのご要望に応え、公正中立な検査・評価を通して「安心と信頼の家づくり」を支援する会社(第3者機関)です。